現代アートこうす系作品紹介シリーズ【 A Donkey And Lion of Fake 】

 

今回ご紹介する作品はこちらです。

題して

【 A Donkey And Lion of Fake 】

 

編集後ライオンドッグとロバ2

 

 

ライオンの様に、強い力を得るため、ライオンの背後に着いて歩いているロバは、ライオンになりたいと考えています。

しかし、背後からしかみていないため、ロバはそのライオンをしっかりと正面から目にしたことはありません。
そのため、ロバが把握しているライオンは、ロバの想像が多くを占めています。

そのため、そのライオンが実際にロバのイメージしている像であるか定かではありません。

それを通して考えると、自分の理想を他者に当てはめて真似するよりも、それを自分にそのまま投影することの方が大切なのかもしれないですね。

 

 

 

10 号

キャンバス アクリル

 

こうす系の作品のひとつひとつを通して感じてもらいたいことは、感謝と敬意です。
この二つをいつももっていれば、傷つく人口は激減すると考えています。
そして、平和かついい意味でフラットにお互い接することが出来ると信じています。

そのために、こうす系は今日も作品をつくっています^^

 
よんでいただき
ありがとうございました

こうす系

 

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0