「何で勉強するの?」に対する答え。こうす系が考える勉強する意味。

「なんで勉強をするの?」

僕が学生の頃、小学校や中学校、高校の頃にも、よく耳にするフレーズでした。
僕の持っている教員免許は中高のものですが、その過程で小学校を少し覗く機会があり、そこでも耳にしたことがあります。
しかし、その問いはよく聞くものの、それに対する納得する答えを僕は聞いたことがありません。
それと同時に、学校教育で行われる科目は社会に出ればなくても生きていける知識だと感じています。

例えば、進学のため、将来の就職のためといった意見を耳にすることもありますが、それはゴールが、進学や就職という非常に手前の部分に向けられているため、根本の部分ではないと感じていました。

そこで、僕は自分なりにその意味を考えました。

結論からお話しすると、
全ては、「自分が何者なのかを知るための手段」だという答えにたどり着きました。
そして教育機関で使われている教科は、そこへ向かうための代表的な手段としていくつか挙げられているだけなのだと考えています。

例えば数学。
職業にもよるため一概には言えませんが、社会に出て台形の面積を求める場面なんてほぼないと思います。笑
また、因数分解の計算なんて僕は二十歳を超えてからは一度も使ったことがありません。

それでは、なぜ学校教育として組み込まれているのでしょうか?
極端な話でいってしまえば、今の人間社会で皆が数字も言語も使わない原始人ばかりの世界なら本当に必要ないと思っていました。

そこで、そもそもの部分について考えてみます。
紀元前7万年頃までさかのぼってみると、洞窟の中に当時の数字のようなものが残っているそうです。
これらは女性の生理の日を記録するためや、狩りの際に動物たちを表すためにも使われていたそうです。

%e3%81%95%e3%81%97%e3%81%88%ef%bc%91
原始人の人たちにとって必要のないと思っていたものが、使われているようです。
そして、古代ギリシャなどでも天体観測などから数を使って時間を表現しようとしていたそうです。

%e3%81%95%e3%81%97%e3%81%88%ef%bc%92

 

 

なぜ何もないところでもこれらが必要だったのか?
それは。生きていく上で、自分たちのいる空間を知ることで自分たちが何なのかを知ることにつながっていたのだと思います。

そこから発展し、今日の数学が行われています。

これは自転車に乗る練習と同じで、補助輪をつけて練習し、段階を踏んでいくことのように、
数学も急に専門的な話をしても時間がかかります。
なので、本来の核の部分へたどり着くための入門編として、学校教育では数学や算数といった教科を教える方法がとられてるのだと考えています
他の教科も同じです。

 

 

歴史、地理などの社会科も
現代社会で公民としていきていくため、先人の行いなどから学び、自分のあり方を学ぶものでだと思います。
%e3%81%95%e3%81%97%e3%81%883

そして、科学、化学も同じだと思います。
そもそもは、自分たちの体や生き物、地球を知ることで、自分たちが何なのかというところへ向かっているのではないでしょうか?
そして、知った上でよりよく生きて行くために、医学や生活に応用されているのではないでしょうか?
%e3%81%95%e3%81%97%e3%81%884

例えば、二宮忠八氏やライト兄弟でおなじみの飛行機の羽も、自然界の鳥の羽の形状が取り入れられていたり、
%e3%81%95%e3%81%97%e3%81%885
宇宙船などにも使われているミウラ折りも、植物や昆虫が本来もっているものです。
%e3%81%95%e3%81%97%e3%81%886
それらのことも踏まえて、全ての答は自然界の中にあることがわかります。
そして、僕はそれらをひっくるめて、この世界で起きる出来事は、宇宙の仕組みに基づいて成り立っていると考えています。
なので、自分を知るためには、自分の存在している空間を知ることから始めることが必要です。
そのアプローチとして、学校教育では教科が存在しています。
アプローチの違いなだけであって、全ては自分を突き止めるという同じ部分へ向かっているのだと思っています。
なので、その方法は無数にあるため、学校教育だけではありません。
音楽やスポーツ、なんでも行えると考えています。

ちなみに僕自身は、そのアプローチの方法として、アートを選択しています。

自分を知ることで、自分に合う道を選べるのではないでしょうか?
そうすれば、近年、メディアでもよく言われている、「やりたいことが見つからない」ということのカギにもなってくると思います。

なので、今回の「なんで勉強をするの?」という問いに対し、僕の答えは「自分と向き合うため」だと考えています。
それによってそれぞれができるだけ無理のない生き方をできればと思います。

ありがとうございます!
そして!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教育つながりで行くと

クリエイターとして生きて行くためのクリエイター学校!
《CREA/Me》がついにオープンしますっ!!

明日ついにクリエイターの学校《CREA/Me》1Dayがおこなわれます!

参加できる方も今回はそうでない方も、まずはこの、CREA/Me  HPをチェックしてみて下さいっ!!

Facebook
instagram
twetter

 

 

よんでいただき

ありがとうございました

 

こうす系

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0