答えは自分の中にあって、その決定意思が自分を歩ませる。

もしなにかにつまずいたら、足元を見よう。

きっとそこには見えなかった段差があるかもしれないし、靴紐がほどけているかもしれないし、足を怪我しているかもしれない。

壁にボールを当てれば自分の元に返ってくるように、投げたボールは返ってくる。

準備を整えて、周りをよく見て足を差し出せばまた次の一歩が出る。

そしてその意思や方向は自分で決めればいい。自分で答えを出すんだと。

まずは自分の足元、そして一歩目を出す意思から。


Written by
Junya Mabuchi
(COPOCHARA Inc. Branding Manager)

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0