東京に来て早1ヶ月ちょっと。視界と可能性を広げるには動くしかない。

東京に来て、早1ヶ月ちょっと、、、

もともとコポキャラは東京クライアントの割合が非常に多く、代表藤原と同行で月に1,2度は最低、多いときは週1で東京に来ていたものなので、こっちに誰かいた方がいいなというのが話の発端でもあります。

忘れもしない、品川駅のバージンカフェでw
Webのお仕事もいただいているヒロキ天上氏と藤原とお茶中に、「マブも東京来たらいいねん」(←天上氏は神戸から東京に拠点を移し、今事業展開中)という、たわいもない話から、始まった。なぜかその流れで「自分は東京で活動をします!」という誓約書をかわし、東京行きが決まった。

嫁は?家は?仕事の流れは?
なんて考え出すと結局大阪でウダウダしているのは目に見えていたし、なんやかんやとずっと大阪育ち、大阪で仕事をし、大阪で死んでいくのか、、、なんて考えたときに、やはり日本の中心地に行ってみるチャンスは今しかないんじゃないか?と、思うこともあり。

いざ誓約書を書いたら、意識しまくりで地名も覚えられるようになって、意識すげー!とか思ったり、ちょっと標準語移っちゃったりと、基本染まりやすい人間です汗。

5月半ばに、それこそマジでパソコン一つ。
お世話になっている方のご好意で貸してくれた事務所兼住居に荷物を置いて、すぐにリヤカー日本1周をしていた田中克成氏がゴールするイベントを手伝ったり(自分もリヤカー引いたりw)、こちらで早速お仕事いただいたりと、今の所休日外出もできていない状態。
でもそうしてくださる仲間や迎えてくれる東京のクライアントの皆様が、本当に嬉しい。

誰だ、東京は冷たい、なんていう人はw
超、アツい人たちしかいない。

東京に来て感じた大阪との違いのは、やはり「時間の流れ」が今のところ一番大きいのかもしれない。大阪事務所にいればスタッフがいて、自ずと時間軸も決まってくる中で、こっちに来て今は打合せ以外は一人で黙々と作業。時間管理も超重要だし(まだ上手くやれておりませんが汗)、人が多いせいか、せかせか時間が早い印象は大きく受けた。
ぼーっとしてると一瞬で取り残される怖さも感じた。

FullSizeRender

(生意気に東京タワーのすぐ近くなので、毎晩眺めていますw)

たかだか、同じ日本国内でこれだけ腰据えて見てると違うものかと、海外に行けば(しかも住む)もっと違うのだろう。

井の中の蛙な自分で、今まで藤原ボスの元で、甘えさせていただいていた自分に鞭を打つために、これからしっかり東京WORK&LIFEを楽しく満喫して、「仕えゴト(仕事)」を一所懸命ただやるだけっす。

自分を東京に行かせてくれた社長、理解を示してくれた家族に本当感謝です!

(追伸)
まだまだ時間管理不足な自分は、買い物もままならず、、
AmazonプライムNOW、超便利!!まじで2時間くらいで注文した品が来る。
IMG_1016Written by
Junya Mabuchi
(COPOCHARA Inc. Branding Manager)

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0