意外な「おもてなし」でみんな笑顔に!

おはようございます!
カズです!

 

 
2013年、IOC総会でのプレゼンテーションで滝川クリステルさんが行ったスピーチ。覚えていますか?
「おもてなし」で話題になりましたね。

 

「おもてなし」。それは訪れる人を心から慈しみお迎えするという深い意味があります。
(プレゼンより)

 
今日はその「おもてなし」の話題を取り上げてみます。

(あれからもう3年ということに軽く衝撃…^^;)

 
日本ではなく海外、アイルランドのとあるホテルのお話。
そのホテルの従業員たちのFacebookの投稿が話題になっています。

 
その記事がこちら↓

 

「忘れ物のウサギのぬいぐるみに「最高級のおもてなし」を提供していたアイルランドのホテルがFacebookで話題に!!」
http://youpouch.com/2016/01/21/329858/
(Pouch)

 
忘れ物のウサギのぬいぐるみを見つけたホテルの従業員。
持ち主の家族へ連絡したあと、様々なホテルのサービスを受けているウサギのぬいぐるみの写真を投稿。
最後には、無事持ち主の女の子のもとへ。

 

…というお話です。

 


記事にある写真をご覧いただくとわかると思いますが、このウサギのぬいぐるみに対して行ったサービス、「おもてなし」がとてもステキなんです。
朝食前のきゅうりパック、豪華なお菓子とアフタヌーンティー、お散歩、ガウンを着てベッドでおやすみ…といったホテル自慢のサービスばかり。
それをぬいぐるみにやっている、というのがすごいですね。
ウサギのぬいぐるみだって立派なお客様、と言わんばかりのサービス精神です。
たくさんの人が心温まったとコメントを返しているのも頷けます。

 

 
この従業員たちの「おもてなし」の精神や行動自体大変ステキなことですが、そう思う理由の一つに写真の「撮り方」が大きく関わっていると思います。

 

ご覧になるとお分かりの通り、ちゃんと「撮影」してるんですね。
ひょっとしたらスマホで片手で撮ったのかもしれませんが、「◯◯◯している」ように見せたり、アップや引きなど、見せ方を考えて撮っていて、決してただのノリだけではないなと思えてきます。

 

準備して、演出して、撮影している。
ぬいぐるみ相手に。

 

「何ぬいぐるみ相手にここまでしちゃってんの」という声もありそうですが、他でもないその「ここまでしちゃってる」という事実が、従業員たちのサービス精神がまっすぐで本物であることを無意識に感じさせているのではないでしょうか。

 

 

 
もう一つ、写真について。
この投稿はぬいぐるみへのおもてなしを主体としながらも、間接的にホテルのサービス紹介、つまりは宣伝にもなっています。
「ここはこんなサービスをしてくれるんだ!」「これすごく気持ち良さそう!」といったように、投稿を見た人がぬいぐるみの受けたサービスを追体験し、その魅力に気づきます。今度は自分が受けてみたい、それどころか「自分のぬいぐるみにも同じ体験をさせてあげたい」という人も出てくるのではないでしょうか。

当の従業員たちは(多分)全くそんな意図の投稿をしていないのに、勝手にまわりがホテルそのものを好きになっていく。そしてニュースで話題になることでさらにファンが増えていきます。他国なのに、こういうホテルいいなーって思ったあなたも、もはやその一人です。

 

 
さらに、おそらくこれは従業員たちの一番意図するところだと思うのですが、これらの投稿はぬいぐるみを忘れて不安になっている持ち主へ「安心」を届けています。
例えば皆さんが携帯を置き忘れてきたとしたらすごく不安になると思います。しかし、その携帯が警察の24時間の監視のもと誰の手にも触れられていないことが常に確認できたらかなり安心するのではないでしょうか。ちょっと変な例えですが、同じようなことだと思います。
ちゃんと保管されているという物理的な安心感に加え、サービスを受けてホテルを満喫している姿を見ることで、ウサギちゃんは一人で寂しいんじゃないか、という女の子の不安を吹き飛ばす精神的な安心感もあります。

 

 
…たった一人の持ち主へ向けたこの一連の「おもてなし」は、持ち主へ安心を届けながら、たくさんの人の心を打ち、結果的にホテルのファンを増やしました。
みんな笑顔。いいことだらけですね。
そんないいことが続いたのは、何より従業員たちの思いやりの心があったからこそ。
他人事ではなく、日頃から感謝とおもてなしの精神を忘れずにいたいですね。

 

 

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0