(年内最後ブログ)少し早いですが今年もたくさんの学びを教えを頂きました。

今年もあと半月を迎え、もうこんな時期かよ、、、と嘆きながら年内に作業を終えられるか毎日奮闘中^^;

毎週水曜に担当させていただいているこの馬淵ブログですが、なんと来週は天皇誕生日でもあり、今回が年内最後。
ちょっとまだ時期的に早いかもしれませんが、書き納めとして、今年一年何書いていたのかな、、、と振り返ってたら、いろいろ書いていました。

日々いろんなお仕事させていただいている中での自分の気づきなどを書かせていただいてましたが、本当にたくさんの教えと学びを気づかせていただいてるのだな、と改めてしみじみ感じております。
まだまだ気がついただけで繋げられていないものもあったり、進化途中ではありますが、素直に感じたことをただ書き連ねて、おかげさまでたくさんの方に、読んでいるよ!と言われることが本当に嬉しい。

ザーッと振り返って改めて心に残っている記事や言葉を、勝手にまとめていますw
もし最近知った方などは、馬淵は普段こんなこと考えているのか、と少しでも知っていただけると嬉しいです。


「知識欲」「好奇心」は、本当に死ぬまで失いたくない。
1/7付新年馬淵のご挨拶。今年は「欲張って」いきます!どうぞよろしくお願いします!

アナログな部分を失っては、行く末恐ろしい。
1/14付この15年でもかなりのモノが進化したが見失ってはいけない大切な事。

素晴らしい伝統や革新を「楽しむ」
2/4付「立春」を迎えた際に感じた大切なことはシンプルに楽しむ、感じること。

一人では何も出来ないし、例え出来たとしても喜びは小さい。
3/4付御開帳大祭で感じた願成寺とコポキャラの2年間。

すべての原動力になっている根源の所は「人」でしかないのかもしれない。
4/22付パソコンがないだけでこれだけ不便な状況になり得るのかと驚愕。

やるなら、思い切りやったらいい。中途半端が何より一番ダメだ。
6/10付コポキャラデザイナー馬淵は何故「坊主」にしたのか。結果何を感じたのか。

「失敗」を恐れる人ほど実は「失敗」をしていない。
6/24付人として、デザイナーとして、大切な「経験」は、「失敗」の振れ幅で大きく変わるのかもしれない。

相手の問題解決の感情移入した先に、共に作り上げていくモノを探し、喜びを共感したい。
7/29付自分の強みを活かして自分らしい方法で自分のやりたいことを積み上げる。

これだけ成長できて楽しい会社に入れてよかった。
8/26おかげ様でコポキャラ5周年を迎えて、僕らスタッフが今こうして輝ける理由。

人の上に登っていく人の一番大切なことを、今こうして感じることができます。
10/7付今の自分を作るきっかけをくれた大社長。そして今も変わらぬ愛情をくれています。

集中力を高めることは、仕事であれ人であれ、結果いいことづくめ
10/21付集中力を高めるのは関心を高めていくことだなと最近思う。その逆も然り。

今たくさんの自分の課題がみえたり、気が付いたりさせてもらっているのは、円球を綺麗な正円にするための皆様の「点」からのメッセージ。
11/4付「点・線・面」。そして正円球。チームやプロジェクト、人間関係。全て当てはまることかもしれない。

生きること自体、すでにチャレンジ。
10/28付チャレンジしていない人なんていない。澤村比呂史さん(ひろっさん)から気づかせてもらったこと

誰の言うことでも一応は素直に聞く。
11/18付「虚心になって私心をなくして、素直な心で聞く。」いかに素直に聞けるかがとても重要なコト。

良くしてモチベーションを上げる。
11/25付「良くしてモチベーションを上げる」どこにも通じるこの言葉を表現するにはデザインが効果的だと思う。

「知行合一」(ちこうごういつ)
12/9付リバースプロジェクト龜石 太夏匡さんからの「心と選択=CHOICE」の話。


まだドタバタの中でもありしっかり振り返れてもいませんが、今年一年皆様から頂いた教えをさらに深くしていくため、また期待してくださっている方々を裏切らぬよう、精一杯取り組んでいきます。

実は昨年2014年の今時期に書いた最後の記事はこんなでした。
馬淵自身が振り返り「今年の漢字」を考える。2014年、本当にお世話になりました!!

振り返りの言葉が「線」。そしてその「奥行き」を出したい、と書いています。
少しは奥行き出せてるかな???

次年度はしっかり「点」「線」、その「奥行き」から立体へ、そして「形」をつけて切磋琢磨していきたいと思います!
今年一年本当にありがとうございました!
また2016年度もコポキャラ一同共によろしくお願いいたします!


Written by
Junya Mabuchi
(COPOCHARA Inc. Branding Manager)

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0