コポキャラ入社1年。コポキャラとの出会いを語る。

おはようございます!!
カズです!

 
10月になりましたね。

 

 
10月といえば、去年の10月に僕はコポキャラに入社しました。

ということで、この10月でなんだかんだの1年です!

 
入社当時は週2回、そして今は週1回の本ブログ投稿となっていますが、改めて自分の投稿を振り返ってみると、入社前のことをほとんど書いてませんでしたね。
なので今回は「初心に帰る」ことも兼ねて、どういった経緯でコポキャラと出会い、入社したかを書いてみます。

 

 

まず、コポキャラと出会う前に、弊社代表藤原との出会いがあります。

 

 
大学時代にインターンで知り合った多陀さんの会社にちょこちょこ顔を出していた僕。

 

大学を出て広告制作会社へ入社し(2007年)、しばらくした頃、その多陀さんが独立して新しく会社を立ち上げます。
その会社というのが「株式会社アーチ・コア インコーポレーテッド」で、多陀さん、そして藤原の二人で立ち上げました。

 

 

このアーチコアにお邪魔した時に初めて藤原と出会うわけです。
2010年ぐらいなので、もう5、6年ほど前のことになります。
実は出会った期間でいえば僕はコポキャラの中でもけっこう古株になるんです。
当時はすでに就職していたのもあって、まさか後々同じ会社で働くことになるとは思ってませんでした。

 

151005_01

 

 
そして年月が経ち、制作会社を辞めた僕は、デザイン事務所を経てフリーランスになりました。
その間に藤原がコポキャラ株式会社を立ち上げます。
僕のフリーランス時代は、まぁこれがまたひどいもので(笑)、ほとんど仕事に追われることのない日々でした。
そんな中、ある時藤原から声がかかり、外部デザイナーとしてコポキャラの仕事を請けることに

 

実質的にコポキャラと関わったのはこの時からになります。

 

今でも当時の強烈な案件の数々は忘れられません。
また、この時からすでにいろんな人をつないでもらっていました。ありがたいです。
ここから数年仕事を請け続けます。

 

 
そして、いくつか仕事をしていく中で、自分自身フリーランスに限界というかもやもやみたいなものを抱えていて、それがどんどん大きくなっていきました。
就活もするにはしていたのですが、なんだかどれもしっくりこず、「どうしたもんかなぁ」という日々が続いていました。

 

何か大きなきっかけのようなものがあれば、と。

 

 

そう思っていた矢先の、2014年9月。

 

鳴り響く電話。

 

 

「コポキャラにこないか」という電話。

 

 

 
ずいぶん驚いたのを今でも覚えています。

 
Facebookで度々「なんかおもしろそうなことやってるな」とか「楽しそうだな」とか思っていたコポキャラに自分が入るなんて。

 
ただ、驚きと同時に、これはチャンスかもしれない、とも思いました。

 

それから、決める前に一度メンバーと会ってみることになり、藤原と馬淵・かずはりんぬ(当時は3人でした)を交えて顔合わせをしました。
ここからのことは以前書いたかもしれませんが、いい意味でただならぬ雰囲気を感じ、「ここなら今の自分が変われるかもしれない…!」と直感で思いました。

 

当時デザイン事務所やフリーランスに慣れきって「よほどのところじゃなければ就職はしないかも」なんてよくわからない甘えたことをぬかしていたんですが、それが吹き飛ぶほどの会社だったということです。

 

難なく決意を固め、2014年10月にコポキャラ入社。

 

 

 
この後はみなさんご存知の通りです。

 

151005_02

 
長々書きましたが、こんな経緯があってコポキャラに入りました。

 

つながりが生んだ出会い、まさに「縁」だなと思います。

 

当時あれほど就職に対して(ムダに)慎重になっていた自分がすんなり入社を決めたのも不思議なものです。けっこう急だったのでまわりも驚いてました。僕も驚いてましたが(笑)

 

それだけの大きな何かを感じたのは確かで、今でもそれは変わりません。
コポキャラに入ったことで人間的にずいぶん成長できたと思っています。まだまだたいしたことないひよっこですが、もし入社を断ってあのままフリーランスを続けていたら…と考えると今はすごくいい環境にいると思います。

 

仕事やプライベートという区切りではなく、人として支え応援し合える仲間。
個性豊かなメンバーと共に切磋琢磨し、日々高みを目指す。
もちろん楽しいことばかりではないし、会社として、社員として、個人として、つらいことや耐えなければならないこともあります。
それなりに会社経験があっても予想以上に胃がキリキリするような時もありますが、それでもやってこれているのはやはりコポキャラだからかなと思います。

 

そして、そんな僕、僕たちをいつも支えてくださっている皆さんの存在がとてもありがたく感じます。
営業経験のない僕は、新卒当時からお客さんの声を直接聞くことが少なく、仕事と人の結びつきをあまり感じられていませんでした。
コポキャラではありがたいことにお客さんと直接やりとりさせていただくことが多く、なかなかお会いできなくてもFacebookやSkypeで想いを聞くことができます。それゆえのコミュニケーションはまだまだ自分の課題でもありますが、難しくもありながら同時に喜びを感じています。今以上によりよい関係を築けるようこれからも精進していきます。

 

 

コポキャラ入社1年、そして2年目へ。
今後ともますますよろしくお願いいたします!!

 

151005_03

こんなんですが。

 

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0