バックアップであっぷあっぷ予防!

こんにちは!
水曜日にもお邪魔します、カズです!

昨日の壁ドンボーイズ、強烈ですね…写真のインパクトが凄すぎて本文読めませんw
ぜひ暖かい目で見てくださいね!

 

さて。

以前、データ整理の投稿をさせていただきました。

「カズ流データ整理術 大公開!」
http://www.staffblog.copoc.jp/archives/2533

本日もデータに絡めたお話をしていこうかと思います。

 

日々蓄積されるデータ。
管理していくうえで大事なもの…それは、

「バックアップ」

ですね!

皆さん、パソコンのデータのバックアップはとっていますでしょうか。

僕たちは仕事の中で印刷データなどたくさん作成することがあるので、バックアップや保存はとても大切なんです。
データを修正して再度印刷したい時、1・2日前ならまだしも、何年も前のものをずっと残しているかどうかといえば、容量の都合もあったりしてなかなか難しいかと思います。
日進月歩のパソコンのハイスペック化により保存容量自体は増えていますが、同じように扱うデータの幅も広がり、データサイズが大きくなっています。
CDの取り込みだと分かりやすいでしょうか。より高音質に取り込むことが出来るようになっていく分、それだけデータサイズも大きくなります。
動画も手頃に扱える近年、あっという間に容量が一杯になる方も少なくないと思います。
そんなたくさんのデータを適宜他の媒体に保存しておくことは、容量の圧迫回避からのいわゆる「パソコンが重い」状態にならないために、大事な作業です。

とはいえデータをひとつずつ他の媒体へコピーしていくのは、量にもよりますがかなりの時間と労力が必要になります。
近年では、そんな煩わしさを解消するためのバックアップ機能がパソコンにデフォルトでついていることもあり、外部メディアを用意してちょっと操作するだけで全てのデータや差分データをバックアップしてくれます(例えばMacのTime Machine)。便利ですね!
うっかり消してしまったデータも自力で戻せる可能性が大きいというのもまたありがたいです。
そういう意味でも、特に仕事で使うパソコンのバックアップは欠かせないかと思います。
いざという時のために保険はかけておきたいですね!

 

150225_01▲Time Machine

…とまぁこんなことをなぜ書いたかというと、昔使っていたMacが突然クラッシュしたことがあるからです。それも夜中で、夜通し復旧作業をしてみましたが結局ダメでした。
ただ、その時は上述のTime Machineを使っていたので、直近を除く数年分のデータは何事もなく復活できました。本当にこの時ほどバックアップの大切さを学んだことはありません。
パソコンの不調は、予兆が分からない・分かりにくいこともあるので、常に危機意識を持っておくことが大事だと思います。いざという時、あっぷあっぷしないためにも。
コールセンターも時間外の、深夜の突発的クラッシュからの驚き→焦り→消失感→諦めは本当に堪えるので…せめてデータは守っておきたいですね。

仕事のみならず写真を撮る方もたくさんいると思うので、バックアップしていないけどたくさんデータがあるという方は、ぜひそれぞれに合った方法で保存してみてください!
万が一はいつやってくるかわかりかりませんので><

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0