アバターで高校に通う時代が来るようです。

おはようございます!
カズです!

最近話題になっている学校があるようで…↓

 

アバターで通える通信制高校……だと!?「明聖サイバー学習国」がいろいろバーチャルすぎて面白い
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1409/19/news090.html
(ねとらぼ)

 

学校法人花沢学園 明聖高等学校(代表:花澤 悟史)が、2015年4月1日より日本初の通信教育システム「明聖サイバー学習国(特許出願中)」を開校。
直接学校に通わず、自分の分身の「アバター」でネット上の仮想学校で学ぶ教育システムで、新入学希望者を募集中だそうです。

なんと、アバターで高校に通える時代がきてしまうんですね〜!

しかもゲームではなく、ちゃんと高卒の資格も得られるそうなので、新しい高校生活のカタチに一石を投じることになるかもしれません。

アバターといえば、セカンドライフや任天堂Mii、アメーバピグ、モバゲー等が有名でしょうか。
自身そっくりに顔や身体を似せたり、逆に全然違う格好をしてみたりしながら、ネット空間でゲームをしたり友達とコミュニケーションをとることが増えています。
携帯電話やスマートフォンが普及したことで身近な存在になった人も多いのではないかと思います。

そんなアバターで通う高校。
引きこもりを助長しないかという危惧に対しては、ゲームを通じて実際の(リアルの)イベントや企画に参加を呼びかける等の工夫を凝らしていくそうです。

アバターとはいえ、自分を投影して客観的に見ることで、今まで見えなかった自分の新しい一面を発見することがあるかもしれません。

実はよくしゃべるーー
友達がすぐできるーー
一人でいることが好きーー
異性を演じる方が楽ーー

…等、リアルでは分からなかった別の自分がそこにいるーーーでもそれも自分の一面であって、気付かないでいたに過ぎなかったーーーみたいな。

せっかくアバターで通うのなら、アバターだからこその気付きができたらなお良いですよね。
そしてそれが自信や希望につながればもっと良いですね。
もし実際に通う予定の方がいれば、ぜひネットの世界であることを存分に有効活用し、発見や気付きを自身の学びにしてください。

わかる範囲の情報でその他に気になったところは、図書館で電子書籍が借りられるというアイデアや、アイテム購入等に使えるポイントが課金ではなく授業を受けることで蓄積されること、講義が動画なのでいつでも巻き戻し・繰り返し見直すことができること、でしょうか。
学生時代はわりと細かく板書を写す方だったので、自分のペースで見直しができるのはいいなと。

…いろいろ書いてみましたが、アバターで通うにしろ普通に通うにしろ、高校生活という貴重な時間を有意義に活用して存分に楽しんで、後々振り返った時によかったと言えるような日々を過ごして欲しいですね。

141113

そんなことを言ってる自分は受験で卒業式出席できませんでしたけど。
卒業式出席できなかった人用の卒業式も受験で行けませんでしたけど!

思い出すと切なくなるので、今日はここまでにします。

 


 

「明聖サイバー学習国」ホームページは→ こちら

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0