コポキャラに入社して驚いたこと について考えてみた結果がこれです

おはようございます!
カズです!

ずいぶんと冷え込むようになってきて、10月もあと少しとなりました。
あっという間に11月、そして12月、年末ですね。早いものです…。

というわけで、コポキャラに入社してもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。
気持ち的にはもう何ヶ月もいるような感じなのですが…。
それだけコポキャラやお客様のみなさんがフレンドリーに接してくださっているということなのでしょう。本当にありがたいことです。

 

141030

 

さて、そんなコポキャラに入社し、実際に仕事をして驚いたことがあります。

それは…

 

音楽が流れていない、ということ。

 

同じような業界では、少なくとも自分が知る限りはラジオや音楽を流しながら仕事をしているところが多く、初めてスタッフのみなさんと会った時のノリを見ていると、てっきりガンガンに音楽を流しているものかと思っていました。

ところが実際はラジオやBGMの類はなく、静かな中での業務。意外でした。

前述の通り音楽のある職場に慣れていたため、最初はずっと静かだということに耐えられるのか心配していましたが…

 

全く要らない心配でした。

 

動画をチェックしたりと音が無いわけではないのですが、音楽があっても無くても気にならないような笑いが起こることもしばしば。コミュニケーションがたくさんあります。

時に笑い、時に爆笑し(わりと長め)、時にネタに走り(わりと収拾がつかない)、そしてもちろんマジメな話し合いもする、そんな毎日。

昨日馬淵さんがブログに書いていた「DJ」というなんとも恐ろs…とっても楽しい企画が生まれることもあります。

 

初めてみなさんと会った時に感じた信頼感や楽しさ、絆のようなものはこういう日常の積み重ねから生まれるものなのだろうと感じました。

 

そして自分が感じたその想いが、これからコポキャラと出会う人たちに伝われば嬉しいですし、「コポキャラはいい会社だ」と思っていただけるようにスタッフの一人として頑張っていきたいなと改めて思います。

…と、いつの間にか「入社1ヶ月を終えて」みたいな話になってますね。

 

また何か驚いたことやコポキャラならではのことがあれば紹介してみたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします!

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0