意外と知られていないお盆のオブジェ!!!ナスとキュウリ!!

おはようございます!!

コポキャラの稲垣です!

すでに過ぎてしまったお盆ネタで申し訳ないのですが、

精霊馬(しょうりょううま)というものを皆さんご存知ですか?

 

 

お盆のオブジェとも言われている、ナスやキュウリに足をつけてつくる馬と牛です!

私も聞いたことはあったのですが、先日の山口での繋命盆で初めて実物を見ました!というかつくりましたw

 

こちらがその精霊馬になります!

_MG_9760

_MG_9759

うん、めっちゃ可愛い!! (*´艸`*)  

 

地方によっては、お盆の期間中に故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として用意するそうです!

 

4本のおがらやマッチ棒を足に見立てて、馬(キュウリ)と牛(ナス)をつくり仏壇周りや精霊棚に供物とともにおきます!!

キュウリは足の速い馬に見立てられて、あの世から早く家に戻ってきてもらうため、ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世へ帰るのが少しでも遅くなるようにという願いがそれぞれ込められています!

 

初めは『精霊馬』という名前すらも分からず、ネットでどうやってつくるのか調べていたら

他の人たちがつくったナスとキュウリのデザインがとっても面白かったのでちょこっと紹介させていただきますw

 

 

 

まずこちら、馬よりも速そうな形の精霊馬。

これだとご先祖様もあっという間に戻ってきてくれそうですよね!

Bu_FbyuCYAAJEv8.jpg-large

 

 

 

こちらはバイクの形をした精霊馬。

ナスとキュウリ両方使われているので行きも帰りもこれに乗るのかな?

Bu-8IK5CMAA--fi.jpg-large

 

 

 

そして最後、個人的にめっちゃ可愛いと思った精霊馬。

ブレーメンの音楽隊のように積み重ねられている右側の精霊馬が

とくにお気に入りです(✻´ν`✻)  

obon2010_01

 

調べてみますと北海道から中部日本の多くの地域では、精霊馬をつくるのは16日の送り盆で、供え物とともに川や海に流すそうです!

いっぽう、関東地方では13日の迎え盆に精霊馬をつくり、送り盆に流すそうです!

 

 

 

ちなみに、願成寺ではこのように立派に飾られていました!

_MG_9793 _MG_9794 _MG_9800

 

来年は皆がつくっていたような凝ったデザインに、私も挑戦してみようと思います!

 

 

 

そ!し!て!

今回この「繋命盆」を盛り上げる為に、社内皆で浴衣を着ました^^

当日は大忙しだったので、この写真しか撮れなかった ><

写真

 

 

こちらは子どもブースを担当するかずはりんぬと

 

_MG_9896

 

アーティストさんたちのライブが始まる前の前置きを担当する社長とまぶっちゃんの様子です!!

 

_MG_9960

 

来年の繋命盆もすごく楽しみです(*^o^*) 

気に入ったらシェアお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on TumblrShare on Google+0